SST Lab Dokuwiki Header header picture

ユーザ用ツール

サイト用ツール


seminar:波動関数

波動関数の描画

実習1 一酸化炭素の計算

  • 前々回の実習を参考にCOの全エネルギー計算を実行する
    1. 箱の大きさをちょっと大きめにする。
    2. 計算する状態の個数をちょっと多めにする。
    3. 出力ファイル名を指定して実行する
      .
      .
      .
      calc = Jacapo('tekitou_na_namae.nc', nbands = 8)
      .
      .
      .
      calc.Calculate()

実習2 VESTA用ファイルの作成

  1. Dacapoの出力ncファイルから波動関数可視化のためのVESTA用ファイルを作成する1)
  2. 適当なディレクトリを作り、そこにncファイルをコピーする
    ただし、バンド分散の計算に使ったncファイルは使わないこと。電子状態の数×波数の数だけの大量のファイルができるので注意。
    $
    $ mkdir tekitou_na_directory
    $ cp sakki_tukutta_file.nc tekitou_na_directory/
    $
  3. ncファイルをコピーしたディレクトリにcdで移動し、nc2cubeを動かす。
    $
    $ cd tekitou_na_directory/
    $ ls
    sakki_tukutta_file.nc
    $ nc2cube -a sakki_tukutta_file.nc sakki_tukutta_file.cube
    GetWaveFunction: kpt =  [-0.375 -0.375  0.   ]
    GetWaveFunction: kpt =  [-0.375 -0.125  0.   ]
    ...
     
    $ ls
    sakki_tukutta_filek0.cube  sakki_tukutta_filek1.cube  ab33504k2.cube  sakki_tukutta_filek3.cube  sakki_tukutta_filek4.cube 
    ...
  4. できたcubeファイルをiMacに転送する。

実習3 可視化

  • 転送したcubeファイルをVESTA.appで可視化し、以下のような図を描け

波動関数の断面

2つの面による断面

1)
必ず最新のVESTA.appを使用すること
seminar/波動関数.txt · 最終更新: 2019/05/20 16:26 by kimi