SST Lab Dokuwiki Header header picture

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ab_initio:電子密度

電子密度

gettotaldensity スクリプト

使い方

出力ファイルに指定したファイル名のファイルが既にあるときは警告無しに上書きされてしまう!
$ gettotaldensity 
usage: gettotaldensity input_nc_file output_cube_file
 
options:
  -h, --help  show this help message and exit
$ 

Dacapoの出力であるNetCDFファイル(out.ncなど)を読み込み、電子密度(電荷密度)すなわち全存在確率密度(波動関数の自乗を占有数を重みにして総和をとったもの)をGaussian cube形式でファイルに保存する。出力したファイルは直接、VESTA, VMDで読み込むことができる。

getdensity スクリプト

使い方

出力ファイルに指定したファイル名のファイルが既にあるときは問答無用で上書きされてしまう!
$ getdensity 
usage: getdensity [-i|-e] input_nc_file output_cube_file
 
options:
  -h, --help            show this help message and exit
  -iN K S, --indecies=N K S
                        density of N-th Band, K-th Kpoint, and S-th Spin state
  -eE1 E2, --energy=E1 E2
                        density of states with energies from E1[eV] to E2[eV]
$

Dacapoの出力であるNetCDFファイル(out.ncなど)を読み込み、

  • –indecies=N K S
    指定した量子数(N: バンド, K: 波数, S: スピン)の状態の存在確率密度(波動関数の自乗)を
  • –energy=E1 E2
    エネルギーがE1[eV]からE2[eV]の間にある状態の存在確率密度(波動関数の自乗)の和を

Gaussian cube形式でファイルに保存する。出力したファイルは直接、VESTA, VMDで読み込むことができる。

ab_initio/電子密度.txt · 最終更新: 2020/08/17 15:55 by kimi